コンテンツ3

診療案内


sinryouannai.jpg
診療時間
shinryoujikan.JPG

 

1 口腔外科 口腔がん検診
口腔粘膜疾患の診断
親知らずの抜歯
抜歯、全身疾患のある患者の治療
炎症
顎顔面外傷(歯牙脱臼、骨折)
インプラント
顎関節症
2 一般歯科 虫歯、義歯、歯周病治療、ホワイトニング、審美歯科
3 小児歯科 幼児〜中学生の治療、フッ素塗布
4 予防歯科 歯磨き指導、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トウース・クリーニング)
口腔外科

口腔外科ではムシ歯や歯周病の治療といった一般的な歯科治療以外の、例えば、口の中の粘膜や舌、唾液腺(唾をつくる器官)、顎関節(あごの関節)の病気を含め、口の中やあご全般の疾患を対象にしています。具体的には智歯(親知らず)の抜歯、口腔内にできる良性腫瘍(できもの)や癌、顎(あご)や顔面の外傷や骨折、歯や顎骨に起因する炎症、顎の骨にできた嚢胞(のうほう:膿の袋)、口の中の粘膜疾患(白板症、扁平苔癬、など)、顎関節疾患、唾液腺疾患、唇顎口蓋裂などの先天性疾患、歯科インプラントを用いた治療など多岐にわたっています。
当院ではこれらの疾患の他に、糖尿病、心臓病や脳血管疾患、骨粗しょう症、などの様々な疾患のある患者様の歯科治療も積極的におこなっています。
当院では日本口腔外科学会専門医・指導医が治療を行っていますので、お気軽にご相談ください。

歯周病治療

歯を失う原因の第一位歯周病。
歯周病は、歯と歯肉にたまった歯垢(プラーク)に棲む細菌が出す毒素が歯や歯肉を炎症させ、やがて歯を支えている骨を溶かしていく病気です。
その主な原因は歯石とプラークです。セルフケアとともに積極的に定期検診を利用し、お口の健康維持に努めましょう。

歯内療法

歯内療法とは文字通り歯の中の歯髄(神経)処置のことで、とても細かい、難しい技術を要します。根管治療では、痛んだ歯髄を除去して、根管を注意深く清掃し、 再度の感染を防ぐために根の中に詰め物をします。

金属のない入れ歯

部分入れ歯を入れいて、金属のフックが気になり方は多いのではないでしょうか。部分入れ歯の金属を歯茎の色と同じ色にすることで、笑った時にも金属が見えないようにする入れ歯です。保険の入れ歯と比べて強度と柔軟性があるため、薄くつくることができます.そのため、違和感の少ない、使いやすい入れ歯となります。

インプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った部分を人工的な歯で補う最新の治療です。歯の根の役割をするインプラント体を歯を失った部分の顎の骨に埋め込み、それに冠をかぶせます。見た目や噛み心地は自分の歯に近いものです。
当院では、インプラント体を埋め込む前に骨の厚さや幅をCT検査にて診断し、インプラント体を埋め込む位置や深さなどをコンピュータシュミレーションで決定します。
治療に必要なすべての処置(お薬,レントゲン撮影など)が自費診療となります。

審美歯科

審美歯科というと「ただ単に削って、かぶせる」というイメージが一般的ですが、当院では、見た目の美しさと機能面をトータルに考えた上で、最終的に患者様のスマイル(笑顔)がより美しくなることを目指します。
究極の美とは、その方の生活環境や生活習慣までも考慮した見た目の美しさと機能美によって得られます。少しでも悩まれていることがございましたら、お気軽にご相談ください。

予防歯科

 虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)は
食べ物やタバコでついた着色、汚れなどは毎日のブラッシングだけでは取りきれません。
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トウース・クリーニング)とは、歯科医院にて専用器具を用いて行う歯の清掃のことです。毎日のブラッシングに加えて定期的に行うことで、蓄積しがちな歯垢や着色汚れ、細菌(バイオフィルム)を取り除き、虫歯や歯周病を防ぐことができます。